女性の髪の悩み

シャンプーの種類と特徴!自分に合ったシャンプーの選び方

女性のヘアケアシャンプー

シャンプーを買うときの基準は人それぞれです。パッケージや流行、好きな香りなどドラッグストアに陳列された多くのシャンプーを見ながら、自分に一番合っているものはどれだろうと迷ったことがあるかもしれません。ここでは、自分に合ったシャンプーを見つけるための、洗浄成分や機能、悩みについての知識をご紹介します。

 

洗浄成分の種類で選ぶ

シャンプーの洗浄成分は大きく分けて、アミノ酸系、高級アルコール系、石けん系の3種類ありますが、それぞれ特徴や期待できる効果が違います。ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

 

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーは、低刺激で頭皮や髪への負担も少なく、肌が弱い人やアレルギー体質の人でも、比較的安心して使える肌にやさしいシャンプーです。洗浄力の高いシャンプーの場合、頭皮に必要な皮脂が洗い流されてしまい、頭皮がダメージを受けやすくなり、薄毛や抜け毛を引き起こす可能性があるといわれています。そのため、薄毛や抜け毛に悩む人におすすめのシャンプーといえるでしょう。

 

高級アルコール系シャンプー

高級アルコールの「高級」とは、上等という意味ではなく、含まれる炭素原子の数が多いという意味です。反対に炭素原子が少ないものを「低級アルコール」と言います。高級アルコール系シャンプーは、安価で泡立ちが良く洗浄力も高いため、これまで多くのシャンプーに使用されています。頭皮のべたつきが気になる人には有効ですが、洗い残しがあると、頭皮トラブルの原因になることもあるため、しっかり洗い流すことが重要です。

 

石けん系シャンプー

石けん系シャンプーは植物系の天然成分を原料とし、生分解性が高いため、環境にやさしい製品を求めている人におすすめです。洗浄力は最も強い部類に入ります。肌や頭皮は弱酸性のため、弱アルカリ性の石けん系シャンプーを使い続けるとキューティクルが傷つき、髪のキシみやごわつきが気になることがあります。シャンプー後は、弱酸性のコンディショナーを使用するようにしましょう。

 

機能や好みで選ぶ

シャンプーには洗浄成分だけではなく、さまざまな髪の悩みに対応できるように工夫されたものがあります。機能や好みを基準にして、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう

 

医薬部外品シャンプー

医薬部外品は「薬と化粧品の間」に位置し、特定の有効成分が含まれているものです。臭い、かゆみ、フケ、抜け毛や育毛などを改善するために、化粧品よりも効果が期待できます。頭皮のトラブルを抱えている方は、第一候補としてチェックしてみてください。

 

育毛シャンプー・スカルプシャンプー

髪の毛を洗うだけでなく、頭皮の状態を良くすることにも重点を置いており、薄毛や抜け毛の原因となる頭皮トラブルの改善を期待できます。やさしい洗浄力で適度に皮脂を保ちつつ、理想的な頭皮状態をキープしてくれます。

 

無添加シャンプー

「無添加=安心・安全」というイメージがありますが、実際は特定の成分が含まれていなければ無添加と表示できるというルールに従い、各メーカー独自の基準や定義に基づいて表示・販売されています。自分に合った無添加シャンプーを選ぶには、しっかりと成分表を確認することが大切です。

 

ノンシリコンシャンプー

頭皮にやさしく髪がサラリと軽い仕上がりになり、ハリやコシも生まれやすいシャンプーで、頭皮の乾燥や髪のボリュームの少なさが気になっている方におすすめです。ただし、髪の毛をコーティングしてくれるシリコンが入っていないため、髪がキシついたりゴワついたりと、手触りの悪さを感じやすいため、ノンシリコンコンディショナーを一緒に使ってカバーすると良いでしょう。

 

ボタニカルシャンプー・オーガニックシャンプー

ボタニカルシャンプーとオーガニックシャンプーは、どちらも植物由来の成分を主に使用した、髪や頭皮への刺激の少なさを考えてつくられたシャンプーです。成分配合量などは各メーカーの基準によって異なりますが、アミノ酸系や石けん系の成分を使用しているものが多いとされています。オーガニック・ボタニカルは無添加という意味ではないのでご注意ください。

 

その他

これまで説明したジャンルのシャンプー以外にも、リンスインシャンプーやクリームシャンプーなどが存在します。それぞれの特徴をご紹介します。

 

オールインワン(リンスイン)シャンプー

オールインワン(リンスイン)シャンプーは、名前の通り洗浄成分とトリートメント成分が一緒に配合されていて、洗髪とトリートメントが一度に完了する便利なシャンプーです。洗髪時間を短くできるメリットはありますが、髪の毛や頭皮のケアとして使うには中途半端になってしまうため、旅行時など荷物を少しでも減らしたい場合のみに使用するのが良いでしょう。

 

クリームシャンプー

あまり聞き慣れない種類のクリームシャンプーは、泡立てるための添加物が入っていないクリーム状のシャンプーです。頭皮や髪になじませるようにして使うため、摩擦が少なく髪の毛へのダメージを減らすことができます。コンディショナーにも使われる「カチオン界面活性剤」という成分が入っており、髪の質感を整え落ち着かせる特徴を持ち、汚れを落とすと同時に潤いもキープできます。「洗髪・保湿・補修」を同時に行うことができるシャンプーです。

 

シャンプーを選ぶ・比較するときのポイント

シャンプーを選ぶときは、髪や頭皮の状態・悩んでいるトラブルなどを考慮し、成分表をしっかりと見比べて決めることが大切です。ここからは、髪や頭皮の症状別に効果的なシャンプーの選び方や比較ポイントをご紹介します。

 

薄毛・抜け毛が気になる場合

頭皮にやさしく適度に皮脂を保ったまま洗髪できるアミノ酸系シャンプーは、低刺激で地肌ケアに適しているため、頭皮環境の悪化が原因となる薄毛や抜け毛の悩みに有効です。地肌ケアは毎日の積み重ねが大切なので、アミノ酸系シャンプーで清潔な頭皮を保ちましょう。

 

髪の毛の傷みが気になる場合

紫外線や間違ったヘアケアなどで髪のキューティクルが傷つき、髪の水分が減ってしまっている方には、ダメージケア用の高い保湿性のあるシャンプーが有効です。髪の内側からしっかりと潤いを与えてケアしていきましょう。

 

髪の毛がべたつく場合

髪の毛がべたつくのは、過剰に分泌された頭皮の皮脂が原因ですので、洗浄力の高い石けん系や高級アルコール系のシャンプーが適しています。しかし、皮脂全てを洗い流してしまうようだと、乾燥によるフケなど別のトラブルへ発展してしまうため、そういった場合は、頭皮の皮脂を落とし過ぎないアミノ酸系シャンプーで潤いを保つようにするのがおすすめです。

 

敏感肌の場合

健やかな頭皮の状態は弱酸性で保たれるため、敏感肌で頭皮への刺激が気になる方は弱酸性のシャンプーを使い、頭皮と髪の潤いを守りながら清潔さを保つようにすると良いでしょう。シャンプーの仕方にも気をつけて、頭皮に余計な負担や刺激を与えないことが大切です。

 

まとめ

シャンプーは髪の毛だけではなく頭皮を洗うためのものでもあります。どうしても髪の毛のきれいさを優先しがちですが、きれいな髪の毛を作るには、頭皮を清潔かつ良い状態に保つことも大切です。自分の頭皮環境に合ったシャンプーを選び、適切なヘアケアを行いましょう。

この記事の監修専門家
毛髪診断士
江波戸 恵美
KEYWORD