女性の髪の悩み

オーガニックシャンプーの選び方と人気の理由

女性のヘアケアシャンプー

ここ数年で、さまざまな種類のシャンプーが販売されるようになってきました。「オーガニックシャンプー」もそのひとつです。「オーガニック」と聞くと、髪や頭皮に優しそうなイメージですが、実際のところはどうなのでしょうか。「オーガニックシャンプー」の選び方や、人気の理由を見ていきましょう。

 

オーガニックシャンプーとは?

「オーガニック(organic)」とは自然環境や生態系に逆らうことなく、自然と調和した形での栽培を目指している農業形態のことを言います。海外ではオーガニック認定を受けるために、シャンプーを含む化粧品は専門の機関による検査・承認が必要です。

一方、日本では食品に対する規定はありますが、化粧品に対しての認定制度はありません。専門機関での検査・承認の義務も不要なため、各社独自の基準を設けて製造・販売を行っています。そのため日本では、オーガニックの定義が非常に曖昧な状態です。

日本で「オーガニック」と名乗っているものには、「海外の専門機関の承認を受けているもの」と「表示責任者が有機・オーガニックの根拠を持って表示している」の2つが存在しています。また、オーガニックシャンプーとノンシリコンシャンプー、無添加シャンプーを同じものと思っている人もいるかもしれませんが、オーガニックシャンプーはあくまでも有機原料が入っているものに限ります。

オーガニックシャンプーは自然だけでなく髪、頭皮にも優しい成分で作られているものが多いため、カラーやパーマによる髪の傷みや頭皮を気にしている人は、内容成分をよく確認した上で選択肢の一つにしてみてはいかがでしょうか。

 

オーガニックシャンプーにはどんな効果がある?

オーガニックシャンプーには、実際にどのような効果があるのか知っていますか?メリットとデメリットそれぞれについて見てみましょう。

 

オーガニックシャンプーのメリット

オーガニックシャンプーは天然由来成分を主成分としているものが多く、化学的に合成されたものではなくナチュラルなものを使用しているところが大きなメリットになります。また、香料にもアロマオイルなどの天然の原料が配合されていることも多く、使っていて安心できるという方もいることでしょう。

 

オーガニックシャンプーのデメリット

よく誤解されがちなのが、植物由来の天然成分だからといって安心・安全が保証されているわけではないことです。例えば、小麦アレルギーの人が小麦成分の配合された商品を使えば、アレルギー反応を引き起こしてしまう可能性があります。

オーガニックならすべての人の肌に優しいというイメージが先行しがちですが、もともと肌が弱い人やアレルギー(特に植物アレルギー)を持っている人は注意が必要です。香料もオーガニックを使用している場合は、香りの持続性も少ないです。

 

オーガニックシャンプーの選び方のポイント

日本製のオーガニックシャンプーは各社独自の基準で作られているので、認定の定義や規制が決まっていないため、有機成分をほんの0.01%配合しただけで、「オーガニックシャンプー」と呼べてしまえることを十分に理解した上で、自分に合ったシャンプーを選びましょう。

 

髪や頭皮にやさしい洗浄成分を使用しているか

強すぎる洗浄成分は、頭皮から天然保湿因子(NMF)やセラミドなどの保湿成分まで洗い流してしまいます。そのため、乾燥などでバリア機能が低下しているとさらにダメージが重なり、かゆみやフケなどの頭皮トラブルに発展してしまいます。

アミノ酸系シャンプーは低刺激で頭皮に優しく、髪のダメージ部分に吸着して浸透・保湿する効果を期待できます。ココイルグルタミン酸TEAやココイルアラニンTEA、ラウラミノプロピオン酸Naなどの成分が配合されているものを選びましょう。

製品によってはオーガニックの原料だけでは腐ってしまうので「防腐剤」が、天然成分だけでは汚れが落ちにくいので「界面活性剤」などが含まれています。また「ラウリル硫酸ナトリウム・パラベン・TEAは不使用」などの表記があっても、同等の強い成分が使用されている場合もありますので、併せてチェックしましょう。

 

有機原料の配合率を見る

オーガニックシャンプーといっても、製品ごとの有機原料配合率は大きく異なります。海外では専門の機関から認定をもらった上で認定団体マークをつけて販売しているので、オーガニック認定マークが付いていれば、一定基準の有機原料の配合率が保証されていると言えます。ただし、日本には同じような機関がないので、ラベルなどに記載されている成分表から有機原料の配合率を確認するようにしてください。

成分表の記載は配合量の多い順に並べるというルールがあるため、上位に有機原料が多く掲載されているものがおすすめです。オーガニックシャンプーによく使われる有機原料には、ホホバ油・アルガンオイル・フルボ酸エキスなどがあります。

 

動物実験をしていないか

シャンプーなどの化粧品を開発するときは、人体への安全性を確かめるために動物実験を行うことがあります。1980年代から欧米では動物実験廃止の声が上がり全廃に向けての活動が起こりましたが、近年は日本でも動物実験を廃止したメーカーや、商品にその旨を明記している会社も出てきています。

化粧品などの成分の安全性は長い歴史の中で実証されているものも多く、代替実験も数多く確立されてきているからです。自然や身体に優しいオーガニックにこだわるなら、動物実験をせずに作られた商品かどうか調べてから買うのもよいでしょう。

 

まとめ

オーガニックシャンプーは、あくまでも髪や頭皮に優しいシャンプーを選ぶためのひとつの選択肢です。どんな成分が配合されているのかが重要なので、しっかりチェックしてから自分に合ったものを選ぶようにしましょう。また、シャンプー選びも大切ですが、洗い方・乾かし方でも髪のハリや艶は大きく変わってくるのであわせて見直してみてください。

この記事の監修専門家
Aura代表 毛髪診断士 / JHSA認定講師
谷平 達昭
KEYWORD