女性の髪の悩み

シャンプーで髪の毛をサラサラに!正しいシャンプー選びと洗い方

女性のヘアケアシャンプー

髪の毛のパサつきが気になるということはありませんか?美容院に行ったときはサラサラになったのに、家でシャンプーするとサラサラ感を維持できずに悩んでいるという方も多いでしょう。ぜひ、ご自身に合ったシャンプーを選び、正しいシャンプーの仕方を身につけてください。

 

シャンプーで髪の毛はサラサラになる?

髪の毛がサラサラにならないという悩みを持った時、まず思い当たるのはシャンプーが自分の髪に合っていない可能性ではないでしょうか。

シャンプーにはさまざまな種類があり、それぞれ目的や洗浄力が違います。それらをしっかりと理解し、自分に合ったシャンプーを使うことで、理想の美髪を手に入れることができます。

 

自分にあったシャンプー選びが重要

サラサラの髪の毛を目指すためにまず考えなければならないのは、「自分の髪質と頭皮に合ったシャンプーを選ぶ」という点です。シャンプーを大まかに分類すると3種類にあります。以下、洗浄力の強い順に示します。

・石鹸系シャンプー
・高級アルコール系シャンプー
・アミノ酸系シャンプー

それぞれ成分や効果が大きく異なります。下記で詳しく説明しますが、自分に合うシャンプーを使うことで、より理想的なサラサラの髪の毛に近づけられます。

 

シャンプーの目的は頭皮を洗うこと

シャンプーの目的は、厳密に言うと髪の毛をサラサラにすることではありません。本来の目的は頭皮にたまってしまった皮脂や老廃物、微生物(細菌やカビなど)の繁殖を防ぐことです。

「微生物がいるの?」と驚かれる方もいるかと思いますが、頭皮は脂腺、汗腺が多いため脂っぽく、皮膚常在細菌(常在菌)の中でも特に「マラセチア」が繁殖しやすくなります。

これらの常在菌は皮脂を酸化させるように働き、臭ったり痒くなったりしますが、これは常在菌や紫外線の影響などで変性した化学物質のためです。そのため、自分に適したシャンプーを使い頭皮の健康を保つことが、サラサラの髪の毛への近道になるのです。

 

シャンプーを選ぶ際の4つのポイント

それでは、実際にシャンプーを選ぶ際のポイントを4点ご紹介します。自分の悩みに合ったものを選ぶための参考にしてください。

・洗浄成分(頭皮の洗浄を重点的に行いたい)
まずは、一番大切な洗浄成分から。デリケートな頭皮に直接触れるものですので、あまりにも刺激が強いものは避けましょう。

アミノ酸系シャンプーは弱酸性で、頭皮と髪の毛を優しく洗浄してくれるためおすすめです。高級アルコール系、石鹸系のシャンプーは洗浄力が比較的強く、製品によっては皮脂を取りすぎてしまう可能性があります。

・保湿成分(頭皮が乾燥している・頭皮を保湿したい)
髪の毛がパサつく、枝毛や切れ毛が多いといった場合、髪の毛の乾燥が原因かもしれません。肌だけではなく、頭皮や髪の毛にもうるおいは大切。保湿成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。主な保湿成分を下記に示しますので参考にしてください。

・アミノ酸
・セラミド3
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・グリセリン
・ホホバオイル
・オリーブオイル
・シアバター

・ノンシリコン(頭皮のベタつきが気になる)
ここ数年でよく耳にするようになったシリコンという成分。これは、髪の毛のゴワゴワを軽減させたり、ツヤを出したりするためのコーティングとして働くものです。

毛穴に詰まりを引き起こしたり、ベタつきを誘発させたりすると言われていますが、実際にはその原因はシリコンではなく洗い方にあるとされています。ではなぜノンシリコンが良いとされているのでしょうか。それは、下記の特徴があるためです。

・カラー剤やパーマ液が浸透しやすい
・ふんわり軽い仕上がりになる

そのため、カラーをする方や、髪の毛がベタつく方におすすめなのがノンシリコンシャンプーなのです。

・自然由来の成分(オーガニックや無添加など、自然派にこだわる)
これまでにご紹介したものの他に、オーガニックシャンプーや無添加シャンプーなど、自然由来のシャンプーも数多くあります。ただ、これらには明確な基準がないため、実際に使用してみると自分の頭皮に合わないということも十分に考えられます。

また香料についても、天然由来だからといって一概に良いとは言えず、アレルギーを起こしてしまう可能性は人工香料と変わりません。ですから、オーガニックだからと過剰な期待はせず、さまざまなものを試してから、続けて使うものを決めてもよいでしょう。

 

シャンプーの効果を最大に!正しいヘアケア方法

サラサラの髪の毛へ近づけるためには、毎日の正しいヘアケアが必要となります。シャンプーだけではなく、日々どのようなヘアケアを行っていけばよいのかをまとめました。

 

美しい髪を手に入れる正しい洗い方

・自分に合ったシャンプーを選ぶ
先述したように、まずは自分に合うシャンプーを選ぶようにしてください。いくら評判が良いからといって、自分に合わないシャンプーを使っていては意味がありません。

・シャンプーの事前準備
実際にシャンプーをする前に、まずはしっかりとブラッシングしましょう。ブラッシングには、頭皮や髪の毛についている汚れを落とす効果があります。また、事前にブラッシングしておくことで髪のからまりを解き、より良い泡立ちを期待できます。

そして、シャンプーをつける前に髪の毛をぬるま湯で予洗いしておきましょう。指の腹でマッサージする感覚で、丁寧に行ってください。

・シャンプーは泡立ててから頭皮につける
シャンプーは原液のままつけてしまうと、頭皮にダメージを負ってしまう可能性があります。したがって、手のひらでしっかりと泡立ててから頭皮につけて洗うようにしてください。

・すすぎ残しは絶対にダメ!
頭皮のトラブルのほとんどが、シャンプーのすすぎ残しだと言われています。ゆっくりと丁寧に時間をかけてすすぐようにしてください。

・リンス・コンディショナーの正しい方法
リンス・コンディショナーは、シャンプー後すぐにつけるのではなく、軽くタオルドライした後につけるのが効果的です。その際、頭皮ではなく髪の毛の中間から毛先に向かって塗り込んでください。洗い流す時も、ゴシゴシと力任せにはせず、髪の毛をやさしく撫でるようにするのがポイントです。

 

サラサラを維持するアフターケアの方法

サラサラの髪の毛を維持し続けるためには、毎日のヘアケアがとても重要です。アフターケアにはタブーが意外と多いもの。以下で正しい方法を説明していきます。

・正しいドライヤーの方法
濡れたままの髪の毛に、そのままドライヤーの風を当ててはいけません。できるだけドライヤーの風を当てる時間を減らすために、まずはタオルドライをしっかり行ってからドライヤーを使うようにしましょう。そうすることで、髪へのダメージを軽減し、キューティクルを保つことができます。

また、ドライヤーの風は10〜20センチほど離したところから斜めに当てると、髪を傷めにくいです。最後に冷風を使うとツヤも出ます。

・ヘアオイルの使い方
サラサラの髪の毛を保つために、ヘアオイルを使うのも効果的です。ヘアオイルは、頭皮の乾燥や摩擦から髪の毛を守る効果があります。また、湿気の多い季節に髪の毛につけると、うねりの防止にもなるので、ぜひ活用してください。

ただし、頭皮に直接つけたり大量につけたりしてしまうと、逆効果になってしまうので要注意。オイルの使用方法をしっかり守ることも大切です。

・ブラッシングの方法
ブラッシングは、ただ髪の毛を整えるだけではなく、髪についたほこりや汚れなどを取る効果があります。ただし、やればやるほど良いというわけではなく、やりすぎてしまうと頭皮や髪の毛・キューティクルも傷ついてしまいます。適度なブラッシングを心がけましょう。

髪の毛がからまっている場合には、根本の方からではなく、毛先の方から少しずつとかすようにブラッシングしていくと、髪の毛へのダメージも最小限で済みます。

 

まとめ

サラサラで美しい髪を維持していくには、正しい知識と適切なヘアケアがとても大切です。自分に合ったシャンプー選びと、毎日のヘアケアでより健康的な頭皮環境を構築し、継続していくことがサラサラの髪の毛を手に入れる近道なのです。

この記事の監修専門家
エステティシャン、スキンケアマイスター、毛髪診断士、サロンオーナー
山口 史恵
KEYWORD