女性の髪の悩み

頭皮を乾燥から守る保湿対策方法|原因を知って頭皮トラブルを解消

女性のヘアケアシャンプー

「なんだか頭皮がかゆい…」「フケが多くなった…」と感じたら、それは頭皮が乾燥しているサインかもしれません。

頭皮の乾燥は、放置していると抜け毛や薄毛につながることも。頭皮の乾燥の原因とともに、対策方法もチェックしましょう。

 

頭皮の乾燥によるトラブル

頭皮にうるおいがなくなると、さまざまなトラブルが起こり得ます。一つずつ見ていきましょう。

 

フケやかゆみ

ターンオーバーのサイクルが乱れることで、フケやかゆみが生じます。頭皮に存在する表皮細胞がはがれ、乾いたフケとなってパラパラと落ちてきます。また、かさついた肌がかゆみをともなうように、乾いた頭皮にもかゆみが生じます。

 

頭皮湿疹

頭皮が乾燥すると、湿疹が生じる場合もあります。中には、皮脂欠乏性皮膚炎(乾皮症)という病気につながることも。

頭皮の皮脂量が少なく、パラパラとした乾性フケが増えたり、ちょっとした刺激でも敏感になったりする症状が出たら、皮脂欠乏性皮膚炎の可能性があります。

空気が乾燥していると、かゆみが生じ、かきむしってしまうと頭皮湿疹ができてしまうこともあるので注意しましょう。

 

頭皮が乾燥してしまう原因とは

さまざまなトラブルを引き起こす頭皮の乾燥ですが、そもそもどのような理由で起こるのでしょうか。

 

紫外線による髪へのダメージ

紫外線は、体や肌だけでなく、頭皮にも悪影響を及ぼします。乾燥を引き起こし、頭皮を荒れさせます。また、髪の毛にもダメージを与え、抜け毛や薄毛を引き起こすリスクを高めてしまうのです。

 

髪の洗いすぎ

○洗浄力の強いシャンプーを使っている
○1日に2回以上髪の毛を洗っている
○強くこすり洗いをしている
○熱いシャワーを使っている

など、間違った洗髪方法を行うと、頭皮は乾燥します。頭皮を守るべき皮脂までが過剰に洗い流され、かさついた肌になってしまうのです。

 

空気の乾燥

湿度が低くなる冬は、肌が乾燥しがちになりますよね。顔や手が乾燥でカサつくのと同じことが、頭皮でも起きています。むしろ頭皮は、顔や手ほどまめにケアをしないことの多い場所ですから、そのリスクはもっと高いと言えるかもしれません。

 

栄養不足

過剰なダイエットなどで体に入ってくる栄養分が足りないと、頭皮に回されるべき栄養分が少なくなります。栄養を受け取れなかった頭皮の新陳代謝は乱れ、頭皮環境は悪化します。これが「乾燥」につながり、さまざまな頭皮・髪トラブルにつながる可能性もあります。

 

頭皮の乾燥を防ぐために!実践したいおすすめケア方法

頭皮の乾燥を招く原因を把握すれば、それに対する対策もおのずと見えてきます。一つずつ紹介していきます。

 

正しいシャンプー方法で頭皮環境を保つ

「誤ったシャンプーの方法」が、頭皮の乾燥につながることはすでに述べた通りです。では、どのような洗い方が正しいのでしょうか。注意点とともに紹介していきます。

△1髪の毛をぬるま湯でしっかりぬらす。熱すぎる湯温にしないように注意
△2シャンプーをしっかり泡立てる
△3髪の毛は泡で包み込むようにし、頭皮をしっかり洗い上げる。このときは指の腹を使い、爪を立てずに洗う
△4トリートメントなどは髪の毛の先端~中くらいまでに付けて、頭皮にはつけない
△5十分な時間をかけてしっかり流す

 

ドライヤーを使う

髪の毛を濡れたままにしておくと、頭皮に雑菌が繁殖して乾燥を招きます。ドライヤーを適切に使って、しっかり乾かしましょう。

△1ドライヤーは髪の毛から20cm以上離す
△2タオルで水分をふきとった後(タオルドライ後)に使う
△3髪の毛全体の8割くらいが乾いたら、冷風にする
△4必要に応じて洗い流さないトリートメントなどを利用して、熱から髪の毛を守る

 

うるおいをもたらす頭皮ローションをケアに加える

顔に乳液や美容液を塗るように、頭皮にもローションを使うのがおすすめです。現在は髪の毛用のローションもたくさん出ています。乾燥が気になるときは、保湿効果の高いものを選びましょう。

 

地肌にやさしいシャンプー選びも大切

現在販売されているシャンプーは、大別すると以下の3種類です。

高級アルコール系
パワフルな洗浄力が期待できる。また、安価。ただ、皮脂をとりすぎてしまうおそれがある。

石けん系
自然派の人に愛されており、根強いファンが多い。合う人・合わない人の差が激しく、合わない人にはきしみが生じることもある。

アミノ酸系
頭皮を優しく保護して洗い上げる。ただし、洗浄力や爽快感は弱く、物足りなさを感じることもある。

これらのシャンプーは、どれが良い・悪いと言えるものではありません。しかし、高級アルコール系や石けん系のシャンプーは、洗浄力が強すぎて、頭皮に必要な皮脂まで洗い落としてしまう可能性があるので、注意が必要です。

乾燥に悩む人の場合、頭皮をやさしく洗い上げ、カバーしてくれるアミノ酸系が使いやすいでしょう。敏感肌の人にもおすすめです。

 

抜け毛・薄毛予防に育毛剤をとり入れてみる

乾燥で頭皮環境が悪い状態が続くと、抜け毛や薄毛を招くこともあります。そうならないために、育毛剤を使うのもよいでしょう。

女性にとって使いやすいのは、

○血行を促進させる効果があるもの
○頭皮に必要な栄養素が配合されているもの
○保湿効果が高いもの

などです。まだ抜け毛や薄毛には悩んでいなくても、理想的な頭皮環境をつくることを手助けしてくれる育毛剤をとり入れてみましょう。

 

まとめ

頭皮を乾燥から守るためには、

○正しいシャンプー方法の実践
○育毛剤で頭皮環境を整えること

などが大切です。ご紹介した対策法を毎日の生活にとり入れてみて、頭皮のうるおいを保つよう努めてみてはいかがでしょうか。

この記事の監修ドクター
ドーズ美容外科 長崎院 院長
芳賀 菜未香
KEYWORD