女性の髪の悩み

髪の毛が日焼けするとどうなるのか?紫外線を防ぐための対策方法

女性が気になる髪の毛・頭皮トラブル

年々増え続けている紫外線。肌への紫外線対策は万全に行っていても、髪まではケアしていなかった……という方も多いのではないでしょうか。無防備に紫外線を浴び続けた髪の毛や頭皮は、気づかないうちに深刻なダメージを受けてしまっていることも。「最近髪の調子が良くない」「パサつきや枝毛が気になる」などの髪の悩みは、紫外線が原因かもしれません。日焼けによるダメージが髪へ及ぼす影響を解説し、紫外線から髪を守る方法とおすすめのヘアケア方法をご紹介します。

 

髪も日焼けしている!ダメージの主な原因は紫外線

春先から急上昇する紫外線量。紫外線を浴びて日焼けするのは、顔や体だけではありません。髪が受ける紫外線量は顔の3~5倍以上ともいわれており、髪に大きなダメージをもたらします。パーマやカラーを頻繁に行っているわけではないのに、髪の手触りや見た目でダメージを感じる場合、主な要因として紫外線が考えられます。

髪の毛の大部分は「ケラチンタンパク質」という硬タンパク質で構成されており、その中には髪の毛の耐久性を高める「シスチン」というアミノ酸が多く含まれています。しかし、紫外線を浴びるとケラチンが変性してしまい、髪の毛の耐久性が弱まってしまうのです。

さらに、紫外線は髪の毛を保護する役割をもつ「キューティクル」を剥がれやすくさせるため、髪の毛の内部を守る働きが低下し、髪のダメージが進行してしまいます。

 

髪の毛が日焼けするとどうなる?

このように紫外線を浴びることで、髪の毛も日焼けしてダメージを受けます。また、紫外線は髪の毛だけではなく頭皮にも影響を及ぼしてしまいます。
そこで、ここからは日焼けにより髪や頭皮がどのような状態になるのかを具体的にご紹介します。

 

枝毛や切れ毛が増える

髪の毛のキューティクルは何層にも重なっており、各層の表面は脂質成分で覆われているのが普通です。しかし、紫外線を浴びると脂質成分が失われてしまい、キューティクル同士の結合が弱まるため、キューティクルが剥がれやすくなります。その結果、髪の保護機能が低下し、髪の毛の繊維が破壊されてしまうことで、枝毛や切れ毛のようなダメージに繋がってしまうのです。

 

髪の毛がパサつく

キューティクルには髪の水分を保持する働きもあります。しかし、日焼けによってキューティクルがダメージを受け壊れてしまうと、髪の水分保持力が低下して潤いが流出してしまいます。その結果として乾燥が目立つパサついた髪の毛になってしまうのです。

 

抜け毛や薄毛につながる

紫外線は、髪の毛だけではなく頭皮にもダメージを与えます。紫外線には、皮膚のコラーゲン線維などを変性させたり、表皮細胞の遺伝子を傷つけたりして老化させる「光老化」を引き起こす作用があり、頭皮もこの影響により老化してしまうのです。特に、髪の毛の元となる「毛母細胞」がこの光老化によってうまく機能しなくなると、髪の毛が育たないので抜け毛や薄毛が引き起こされてしまいます。また、頭皮のターンオーバーが乱れ、肌がごわつき、乾燥して肌荒れを起こすこともあります。

 

紫外線から髪を守る対策方法

髪の毛や頭皮に大きなダメージを与える紫外線は、美髪を目指すなら防ぎたいもの。日々降り注ぐ紫外線から髪を守り続けるためには、気軽に実践できる対策方法を取り入れることが大切です。そこで、日頃のトリートメントを工夫したり、便利な日焼け防止アイテムを活用したりすることで、簡単かつ効果的に紫外線ケアをしてみましょう。

 

帽子や日傘を使用する

最も効果的な紫外線対策は、つばの広い帽子を被ったり日傘を差したりすることです。降り注ぐ紫外線が、髪の毛や頭皮に直接当たるのを防いでくれるため、日焼けによるダメージから守ることができます。特にアウトドアシーンなどでは長時間にわたり紫外線にさらされるため、深刻なダメージを防ぐためにも、ぜひ積極的に活用してみましょう。

 

UVカット効果のトリートメントを使用する

紫外線防止効果のある洗い流さないトリートメントも有効です。髪表面にバリアを張るような効果があるので、紫外線から髪を守ってくれます。また、髪の毛にも使えるスプレータイプの日焼け止めを活用するのもおすすめです。簡単に持ち運べるほか、一吹きするだけで頭皮の日焼けも防いでくれるため、日差しが強い日でも安心して外出できます。

 

日焼けダメージがある髪のヘアケア方法

髪の毛には自然治癒力がないため、一度ダメージを受けてしまうと自然に回復することは望めません。
しかし、すでに日焼けによるダメージを受けてしまった髪の毛や頭皮も、毎日のヘアケアを工夫することで失われた潤いを取り戻し、改善を目指すことができます。

 

保湿性が高いシャンプーやトリートメントでケアする

日焼けによるダメージを受けた髪の毛は、キューティクルの損傷によってパサパサに乾燥しています。そのため、保湿効果の高いシャンプーやトリートメントを使用し、潤いを補うことが大切です。また、紫外線の影響で硬くなってしまった頭皮も、血行が促進される入浴のタイミングで頭皮を揉みほぐしてマッサージをすることで、段々と柔らかさを取り戻して健康な状態に導くことができます。

 

濡れた髪を自然乾燥しない

髪の毛が濡れているとき、キューティクルは開いた状態になっています。そのため、濡れた髪の毛をそのまま放って自然乾燥させると、開いているキューティクルから髪の水分がどんどん流れ出てしまい、乾燥やダメージに繋がってしまいます。特に、日焼けによるダメージを受けた髪の毛は、乾燥しがちなため、入浴後は濡れた髪をそのままにせず、すぐにドライヤーで乾かすように心掛けましょう。

 

傷んだ毛をカットする

髪の毛の繊維が破壊されてできてしまった枝毛や切れ毛は、どんなに一生懸命ヘアケアを続けても健康的な状態に戻ることは望めないので、切ってしまうのが一番です。まずは、枝毛を作らせないケアが大切。枝毛になる前に、保湿効果の高いトリートメントや髪のダメージを防ぐケアで、しっかりと予防しましょう。

 

正しくドライヤーを使用する

濡れた髪の乾かし方もポイント。正しいドライヤーの使用方法を心掛けることで、紫外線ダメージにより乾燥しやすくなっている髪にもツヤを取り戻すことが可能です。そこで、ドライヤーの上手な使用方法をご紹介します。ぜひ取り入れてみてください。

  1. 地肌を指先で軽くこするようにしながら、温風で水分を飛ばすように乾かしていきます。この際、髪の毛が高温になり過ぎて傷まないように、髪から10センチ以上離した位置から乾かすのが大切です。
  2. 髪の同じ箇所ばかりに熱を与えてしまうのを防ぐため、ドライヤーをこまめに動かしながら髪全体を乾かします。
  3. 完全に乾いた髪の毛は、急激に温度が上がります。必要以上の熱をかけないように、温風と冷風を交互に使い分けながら乾かしていきましょう。

 

まとめ

紫外線は、髪の毛や頭皮にさまざまな影響を及ぼしてしまいます。紫外線ダメージを予防するケアと合わせて、受けてしまったダメージへのアフターケアも、しっかりと取り入れていくことが大切です。効果的なケア方法を実践し、健やかで美しい髪を手にいれましょう。

この記事の監修専門家
毛髪診断士
江波戸 恵美
KEYWORD