女性の髪の悩み

白髪の原因とは?女性が気になる白髪増えるメカニズムと対策・予防方法

女性が気になる髪の毛・頭皮トラブル

若々しさを損ねる白髪は、非常にやっかいなものです。原因はいまだ、正確には解明されていません。「これが原因なのではないか」という、要因は存在します。

 

白髪を引き起こすメカニズム

実は白髪になる明確なメカニズムは、いまだにはっきりとは解明されていません。
髪の毛は本来白いもので、それにメラニン色素が働きかけ、髪の毛が黒くなっていきます。白髪はこのメラニン色素が、十分に機能しないことで起こると考えられています。
ヘアサイクル(毛周期)をくりかえすうちに、またさまざまな要因で、色素細胞(メラノサイト)の幹細胞が次第に衰えてきて、色素細胞がメラニン色素を産生できなくなるため、髪の毛を黒くすることができないと考えられています。また、太く長い髪の毛の方が白髪になりやすいともいわれています。

 

白髪が増える原因とは?

白髪が増える原因として示唆されているものはいくつかあります。

 

遺伝

薄毛が遺伝するように白髪も遺伝すると、古くからいわれています。これにはさまざまな説があり、「白髪になりやすい体質が遺伝する」という意見もあれば、「家族が白髪になりやすい生活習慣を送っているから」という意見もあります。
どちらが正しいか、あるいは相互に関係しているのかは、まだ明らかになっていません。しかし遺伝的な要因以外のものを排除することで、白髪になったり増えたりするリスクを軽減することはできるでしょう。

 

睡眠不足・ストレス

睡眠不足やストレスもまた、白髪につながるのではないかといわれています。睡眠不足やストレスによって乱れた自律神経が影響し、メラニン色素が正常に働かなくなり、白髪になると考えられています。

 

紫外線

遺伝や生活習慣の乱れなどの要因のほかに、紫外線を疑ってみる必要性はあるでしょう。紫外線が白髪の直接的な原因であるかは、まだ明らかになっていません。しかし長時間の紫外線を浴びることで、頭皮や毛髪にダメージを与えることは確かなので、紫外線対策も行なうようにしましょう。

 

白髪を抜くと増える?

「白髪は抜くと増える」という話を耳にしたことがある人もいるでしょう。実はこの説には根拠がありません。白髪はあくまでメラニン色素がうまく働かないことによって起きるものです。
髪の毛一本一本に対して起こる作用であるため、これとほかの髪の毛の間には因果関係はありません。白髪になった毛穴から生えてくる髪の毛は白いままですが、抜けば増えるということはないのです。
ただし年齢とともに、白髪は増えていく傾向にあります。このため「前に1本抜いたときよりも(時間が経った今の方が)白髪が増えている=抜くと増えた」というように受けとられることはあります。これによって、抜くと増えるという考えが広まったと推測できます。

 

20代の若白髪について|遺伝や病気との関係は?

白髪は加齢とともに増えていくものですが、20代で白髪に悩む人もいます。
若くして白髪に悩む人の場合、遺伝、栄養不足、病気などの原因が考えられます。髪の毛を黒くするために働くチロシナーゼはミネラルなどの栄養素と深く関わっています。食事制限のダイエットによって、体に入ってくる栄養素を制限している人には、髪の毛への栄養がいきわたらなくなるリスクを高めます。また、甲状腺に関わる病気などによって、白髪が生じることもあります。

 

白髪予防・改善に効果的な方法とは

白髪の改善方法について見ていきましょう。

 

白髪染め(ヘアカラー)

白髪染めの対策として、真っ先に思い浮かぶのがヘアカラーです。ヘアカラーは永久染毛剤といわれる医薬部外品で、髪の毛の内部にまで色素を入れて沈着させる強い薬剤です。
現在は頭皮や髪の毛にやさしいものも開発されていますが、それでも頭皮や髪の毛は少なからずダメージを受けます。特に白髪染めの場合は、自分で染める場合は用法用量を必ず守りながら使いましょう。ダメージを抑えてムラなく染めるなら、美容室で白髪染めを行うのがおすすめです。

 

カラーシャンプー・トリートメントの使用

ヘアカラーと似たものに、カラーシャンプー(カラートリートメント)があります。ヘアカラーは永久染毛剤であるのに対し、こちらは半永久染毛剤に分類されます。
ヘアカラーよりも浅い部分までしか染めないため、こちらは化粧品に分類されます。効果の強い順から、医薬品、医薬部外品、化粧品となっています。
シャンプーをすることで少しずつ色が落ちていくため、持続期間は長くても3週間程度です。ただ、ヘアカラーほど髪の毛や頭皮に負担をかけないため、肌が弱い人でも利用しやすいというメリットがあります。

 

生活習慣の改善

睡眠不足やストレスに心あたりがある場合は、適度な運動がおすすめです。通勤時間にウォーキングをとり入れたり、階段を使うようにしたり、積極的に体を動かすようにしてみましょう。ストレッチも血行促進に効果的です。生活リズムが乱れないようにするためには、規則的な睡眠時間の確保が重要です。

 

白髪に効果的な栄養素を摂る

白髪対策として効果的だといわれている成分についてみていきましょう。


チロシナーゼのはたらきをサポートし、活性化させる成分です。体内では生成できない栄養分です。ゴボウやニンニク、大豆製品、カニ、エビ、ココアなどに含まれています。

ヨード(ヨウ素)
色素細胞を活発に働かせることができる成分です。海藻類に豊富に含まれており、髪の毛を黒く、豊かにする作用が期待できます。

カルシウム
骨を強くするだけでなく、色素細胞の働きもサポートすることのできる成分です。乳製品類(特にチーズ)や、ナッツによく含まれています。

 

まとめ

白髪が生える根本的な原因についてははっきりとは解明されていませんが、
生活習慣の改善、ストレスをためないようにする、栄養バランスのとれた食事を心がけ、日頃から注意しましょう。

この記事の監修専門家
エステティシャン、スキンケアマイスター、毛髪診断士、サロンオーナー
山口 史恵
KEYWORD