育毛の基礎知識

育毛に効果的な薬用育毛剤・錠剤に含まれる成分の特徴、副作用について

育毛につながる方法

薄毛に悩み、発毛や育毛効果を期待して「さまざまな種類の育毛剤を試してみた」という方は多いかもしれません。育毛剤にはどのような成分が含まれ、どのような働きをするのでしょうか?抜け毛や薄毛、AGA治療のためには、何をどう使えばより効果的なのかを紹介します。

育毛薬?正式には薬用育毛剤と医薬品(発毛剤)に分類される

「薄毛や、抜け毛の量が増えた…」そんな悩みから、ドラッグストアなどで手に取る育毛剤。育毛薬と呼ぶ人もいますが、正式には薬用育毛剤といいます。育毛剤は医薬品ではなく「医薬部外品」に分類され、下記のような効果効能が期待できます。

○抜け毛予防
○頭皮環境を整える
○ふけ、かゆみ予防
○発毛促進
○産後や病後の脱毛予防

育毛剤とは、すでに生えている髪の毛の成長促進や、抜け毛を減らすように働きかけるもの。効果が穏やかなので副作用のリスクは少なく、ドラックストアやコンビニなどで誰でも簡単に手に入れることができます。
一方で発毛剤とは、すでに毛が抜けてしまった部分に対して、新しい毛が生えてくるよう働きかけるものをいいます。脱毛症における発毛効果が認められたものは、医療用医薬品や第1類医薬品に分類されます。

医薬品は効果が高めになりますが、副作用が現れる可能性も上がってしまいます。そのため内服薬の発毛剤は、医師の処方のもとでしか手に入れることはできません。第1類医薬品に分類される外用薬の発毛剤については、処方箋なしで薬剤師のいる薬局やドラックストアで購入できます。

抜け毛や薄毛に効果が高いと言われるのは、医薬品に分類されてる発毛剤。次いで医薬部外品に分類される薬用育毛剤になります。似たようなものに見えますが、効能効果の違いによって明確に分けられています。それぞれの違いを見極めたうえで、効能や用法をしっかりと把握することが重要になります。

AGA治療、抜け毛・薄毛に効果的な成分

現在AGA(男性型脱毛症)の治療に使われることが多く、薄毛や抜け毛の予防、発毛促進に効果的と言われている成分、フィナステリド・デュタステリド・ミノキシジルの3つを詳しくみていきましょう。

フィナステリド(プロペシア)

フィナステリドは、数年前から国内でよく知られている医療用医薬品「プロペシア」の主成分です。臨床的に発毛効果が認められている内服薬で、もともとは前立腺肥大や前立腺がんの治療に使用されていました。AGA(男性型脱毛症)の治療薬として厚生労働省の認可を受けており、服用は成人男性が対象です。未成年の男子や女性の服用は認められていません。

AGAでは男性ホルモンであるテストステロンが、5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンに変換されることで、抜け毛が増え薄毛が進行します。フィナステリドは、この5αリダクターゼの働きを阻害。よってジヒドロテストステロンの生成が抑制され、抜け毛が減っていくというしくみです。この5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、フィナステリドはⅡ型のみに効果を発揮します。

フィナステリドは、女性が服用することは認められていません。特に妊娠または妊娠の可能性がある女性、授乳中の女性は、服用はおろか、触れることすら禁止されているので注意が必要です。妊婦がフィナステリドを服用すると、生まれてくる男児の生殖器に障害が発生する恐れがあります。家族に女性がいる人は、保管や取り扱いに注意が必要です。

デュタステリド(ザガーロ)

脱毛抑制・発毛促進の作用も備わっているのがデュタステリドで、2016年に医療用医薬品として販売開始されたばかりの内服薬「ザガーロ」に含まれる成分です。フィナステリドよりも強い薬理効果があるので、その働きや効果が期待できると注目を浴びています。脱毛抑制だけでなく、発毛させる働きがあることもわかってきました。

フィナステリド同様に、男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロンに変換する酵素「5αリダクターゼ」の働きを阻害。ジヒドロテストステロンの生成を抑制することにより、抜け毛を減らします。デュタステリドは5αリダクターゼⅠ型、Ⅱ型ともにその働きを阻害する成分なので、フィナステリドが効かない人でもデュタステリドなら効果がでる可能性があります。

ミノキシジル

ミノキシジルは、頭皮環境を整えることで発毛を促すはたらきがあります。外用薬と内服薬がありますが、日本では内服薬は医薬品として認可されていません。

元々は血管を拡張して血圧を下げる薬だったミノキシジルは、副作用で発毛現象が見つかったことにより、AGA治療に応用できるよう研究されました。ミノキシジルが配合されている発毛剤は、有効成分が血管を拡張することで毛乳頭の細胞に働きかけ、体内のエネルギー伝達に関わっているアデノシンの分泌を促してくれます。アデノシンによって細胞増殖因子の産生が促されることで発毛促進効果が期待できるのです。

薄毛・抜け毛やAGA治療のために専門医を訪れると、フィナステリドやデュタステリドの内服薬と、ミノキシジルの外用薬の併用をすすめられることがあります。ミノキシジルを加えることで発毛効果がより高まることが期待できるのです。

発毛剤の副作用

ミノキシジルが配合されている発毛剤の副作用の主なものを挙げると、血管拡張作用によって低血圧が起こることによる頭痛やめまい・動機・息切れ・食欲不振などがあります。

フィナステリドやデュタステリドはどちらの場合も、ED(勃起不全)、性欲や食欲の減退や肝機能障害、倦怠感や抑うつ、乳房障害の症状が出ることがあります。しかしこれらの副作用が現れる割合は、とても低いとされています。

また、デュタステリドに限っては精子の数が減少するという報告があります。妊活している夫婦や、これから子供を作る可能性がある方は、医師に相談してみることが必要です。

通販での個人輸入は注意

近年は海外製の化粧品や医薬品を個人輸入したり、個人輸入代行業者から通販で購入したりする人が増えました。しかし中には偽造品や粗悪品も多く含まれており、それらを知らずに使ってしまうことで重篤な副作用を起こしかねません。

安く手に入るからと言って、個人輸入した医薬品を使用することは絶対に避けてください。フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルといった抜け毛・薄毛に効果的な成分が配合された治療薬の使用については、専門の医師の指示に従って、処方してもらうようにしましょう。

まとめ

抜け落ちてしまった髪の発毛効果を望む場合には、医薬品である発毛剤の使用が効果的です。ただし今ある髪を丈夫に育てたい、これ以上抜けたり薄くなったりしないように守りたい、という場合は、医薬部外品の育毛剤で効果が期待できます。副作用のリスクがなく、通販やスーパーなどで手軽に購入できるのがメリットです。自分に必要なのは育毛剤か、発毛剤か、しっかり見きわめて選びましょう。

この記事の監修ドクター
ドーズ美容外科 長崎院 院長
芳賀 菜未香
KEYWORD