育毛の基礎知識

フィナステリドのAGA・薄毛に対する効果と副作用とは

成分と効果

フィナステリドは主にAGA(男性型脱毛症)治療に用いられており、医療用医薬品に分類されています。そのため、場合によっては副作用もあるので、専門の医師の処方が必要です。

気になるジェネリック医薬品のメリット・デメリットや個人輸入の利用についても合わせて解説していきたいと思います。

 

「飲む」育毛剤として知られるプロペシア(フィナステリド)

一般的には飲む育毛剤といわれ、AGA治療薬として耳にすることも多いプロペシア。ただし、飲む育毛剤という呼び名は適切な表現ではなく、その主な有効成分であるフィナステリド配合の医薬品というのが正しい表現です。

プロペシアは、ピンク色の錠剤で、1日1錠内服する薬です。AGAの特徴である頭頂部や前頭部、生え際付近の薄毛治療においての効果が期待されています。しかし、円形脱毛症など、そのほかの脱毛症には効果がありません。

育毛剤は、薬機法によって医薬部外品に分類されているのに対して、フィナステリドを含むプロペシアは、AGAの治療効果が厚生労働省に認可された医療用医薬品としての扱いになります。そのため、プロペシアは皮膚科や薄毛専門の医師の処方のもと薬剤師に販売してもらわないと手に入れることができません。

また、プロペシアは健康保険対象外の薬価基準収載医薬品のため、自費診療となります。最低6カ月以上の継続がすすめられているため、経済的負担は比較的大きくなるでしょう。

 

AGA治療薬の有効成分・フィナステリドの効果

AGAの原因には、男性ホルモンであるテストステロンが強く影響しています。テストステロンは体毛を太く濃くする働きを持ちますが、5αリダクターゼ(5α還元酵素Ⅱ型)という酵素によって、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変化。ジヒドロテストステロンが毛乳頭にある男性ホルモン受容体に結び付くことによって髪の成長を阻み、抜け毛が増えて薄毛が進行していきます。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼに働きかけ、髪の成長を阻害するジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果があるのです。フィナステリドはノコギリヤシの薬効成分から開発された化学合成成分で、前立腺肥大の治療薬としても使われています。

 

フィナステリドとミノキシジルの違い

フィナステリドと比較されることが多いAGA治療薬として、ミノキシジルがあります。2つの大きな違いは、その効果です。プロペシアを主としたフィナステリドは脱毛抑制に特化しており、抜け毛を抑制する効果が期待できますが、発毛を促す効果は薄いと言われています。それに対してミノキシジルは、頭皮環境を整えて発毛を促すことに特化しています。

髪の毛は頭皮の毛母細胞において、細胞分裂が繰り返されることによって作られます。毛母細胞に髪をつくる元となる栄養を送るのが毛乳頭で、毛細血管から運ばれる栄養をしっかり毛母細胞に届けてくれます。

ミノキシジルは、何らかの原因でこのサイクルがうまく働かなくなったことによる抜け毛や薄毛に対して効果を発揮します。元々は血管を拡張させる働きがある薬として開発されたものでしたが、副作用として体毛の増加が現れたため、研究の末その有効性が見つかりました。血流を促進して、栄養を頭皮の毛乳頭や毛母細胞へと行き渡らせることが期待できます。

 

フィナステリドは錠剤として服用

フィナステリドは現在、プロペシア錠などの内服薬が主流となっています。AGAに特化したクリニック独自のフィナステリド外用薬もありますが、錠剤が一般的です。

一方でミノキシジルは頭皮に塗布する外用薬が一般的です。というのも、ミノキシジルタブレットなどの内服薬は現在のところ、日本国内では未認可のため、個人輸入でしか手に入らないのが現状です。

 

フィナステリドとミノキシジルは併用可能

ミノキシジルは頭皮の血行を促進させる働きによって髪を成長させ、抜けてしまったところに生やす発毛効果があります。抜け毛・薄毛の進行を抑えてくれる脱毛抑制の効果があるフィナステリドを組み合わせて使うことにより、それぞれの長所と短所を補い合い、AGAの症状を改善する効果が高まることが期待されています。

 

フィナステリドの副作用

フィナステリドの副作用としては下記が挙げられますが、その発生確率はとても低いといわれています。

○性欲減退
○ED(勃起不全)
○精液量の減少
○射精障害
○肝機能障害
○乳房圧痛

そのほかにも、少数ですがかゆみ・むくみなどの症状が現れることも報告されています。発生確率が低いとはいえ、副作用については事前にしっかりと確認しておき、異常が現れた場合は一旦服用を止めて医師に必ず相談しましょう。また、女性や未成年はフィナステリドの服用が認められていません。

 

初期脱毛

AGAの治療を開始して、フィナステリドを飲用していくうちに抜け毛がさらに増えてきてショックを受けることも。この現象は初期脱毛と呼ばれるもので、特に心配する必要はありません。健康な状態の場合は、成長期・退行期・休止期の3つの状態を繰り返して髪の毛が生えたり抜けたりしています。しかし、AGAによりヘアサイクルが乱れると、成長期の期間が短くなってきちんと成長できない髪は細くて弱く、抜けやすくなっていきます。薬の効果で毛母細胞が活発になると、新しい毛の成長にともない、弱くて細い毛が押し出されて抜けていくのです。

 

妊娠中の女性やこどもが近くにいる場合は服用に注意

フィナステリドは男の胎児や思春期前の男子の外性器の発育に大きな影響を与えることが報告されています。そのため、妊婦や授乳中の女性、こどもが近くにいる場合はその取扱いに注意が必要です。

そして、飲用をストップしても1カ月間は成分が体内に残留するといわれており、その間も含めて、フィナステリドを服用している場合には、献血を控えるようにしましょう。血液中に残ったフィナステリドの成分が女性に輸血される危険性があるためです。また、フィナステリドの成分は触れるだけでも吸収される(経皮吸収)可能性があり、家族がいる場合はその保管にも気を付けるべきでしょう。

 

価格が安いジェネリック医薬品

国の基準・法律に基づいた厚生労働大臣承認済のジェネリック医薬品には、
○新薬と同じ有効成分を使用
○新薬と同等の効き目や品質
○価格が新薬と比べて安価
という特徴があります。

ジェネリック医薬品を希望する場合は、医師や薬剤師にその旨を伝えましょう。

 

個人輸入の通販サイトは注意!

最近では通販サイトや個人輸入での購入も可能になってきていますが、海外から購入する場合はあくまでも自己責任となります。実際にフィナステリドが入っていない、量が少ない、などさまざまな粗悪品が出回っているため、万が一それをつかんでしまう危険もあります。また、副作用の可能性もあるため十分な注意が必要です。

 

まとめ

フィナステリドはAGAによる抜け毛や薄毛が進行するのを抑制してくれます。発毛効果こそありませんが、ミノキシジルなどと組み合わせて使うことで、その効果を高めることが期待されます。AGAが原因の薄毛や抜け毛の治療は、少なくとも半年以上と長期にわたります。自分に合った方法で、焦らず地道に続けることが大切です。

この記事の監修ドクター
ドーズ美容外科 佐賀院 院長
田崎 公
KEYWORD