育毛の基礎知識

育毛剤の薄毛に対する効果|ランキングに惑わされない選び方やおすすめの使い方

成分と効果

ドラックストアではさまざまな種類の育毛剤が販売されていますが、含まれている成分はそれぞれ異なります。そのため、育毛剤を選ぶときは、自分の髪や頭皮に合ったものを選ぶことが重要になってきます。

・育毛剤と発毛剤の違い・特徴
・育毛剤を効果的に使う方法
・自分に合った育毛剤の選び方
・育毛剤の副作用について

などを中心に詳しく見ていきたいと思います。

 

育毛剤は抜け毛・薄毛予防、発毛剤はAGA治療に用いる

育毛剤と発毛剤は、似ているようなイメージの強い製品ですが、実は使用の目的や効果に大きな違いがあります。

 

育毛剤の特徴

育毛剤は、名前の通り「育毛」を目的に、すでに生えている毛髪の健やかな成長を促す製品です。育毛剤は主に頭皮環境を整えるための成分が多く含まれています。

・高麗ニンジンエキス
・頭皮の血行促進成分
・トコフェロール(ビタミンE)
・塩化カルプロニウム
・ショウキョウチンキ

などの種類があります。ドラッグストアや薬局などで手軽に購入することができますが、育毛剤はあくまでも髪の成長をサポートするもの。

AGA(男性型脱毛症)の発症などですでに髪が抜け落ち、早急な発毛効果を求めている人には、育毛剤では薄毛の改善にはつながりません。

 

発毛剤の特徴

一方で、発毛剤は毛母細胞に直接はたらきかけ、発毛を促して薄毛を改善する効果があります。主にAGA(男性型脱毛症)の治療を目的として使用され、医薬品として取り扱われています。発毛剤の有効成分の一つであるミノキシジルには、毛母細胞の分裂を活性化させ発毛を促す効果があります。

発毛剤は、

・医師の処方でしか購入できない医療用医薬品
・薬剤師のいるドラッグストアや薬局で購入できる一般用医薬品

に分けられます。医師処方による発毛剤は、一般用医薬品に指定されている発毛剤よりも、有効成分が多く含まれているため、副作用のリスクも高くなります。

 

人気の口コミやランキングに左右されない育毛剤の選び方

発毛剤とは異なり、育毛剤は医薬部外品であることからドラッグストアなどで気軽に購入できる育毛剤。口コミやランキングなど人気の製品の情報がたくさん出てきますが、育毛剤の成分は製品によって違います。

他の人の評価や流行りに左右されず、自分の髪の毛や頭皮の状態に合った成分が配合された育毛剤を選ぶことが大切です。

 

頭皮の状態に合わせたものを選ぶ

育毛剤を選ぶときの大きなポイントは、頭皮の状態です。自分の頭皮の状態を把握したうえで、目的に合った成分の含まれている育毛剤を選びましょう。

<毛母細胞を活性化させるタイプ>
薄毛の状態が続いている場合は毛母細胞が弱っている可能性があります。毛髪をつくる毛母細胞を活性化させることで、健康的な髪の毛を保つことができるでしょう。毛母細胞を活性化させる効果のある成分には、ペンタデカン酸グリセリドや、白薬子(びゃくやくし)エキスなどがあります。

<頭皮の血行を促進するタイプ>
頭皮が乾燥気味、生活習慣の乱れによって頭皮が血行不良の人は、血行を促進させる効果のある成分が適しています。血管拡張作用のあるセンブリエキス、ニンジンエキスなどの成分が血行を促進してくれます。

<皮脂の過剰分泌を抑えるタイプ>
脂漏性脱毛など、頭皮の皮脂が薄毛の原因となっている場合は、皮脂の分泌を抑える成分が有効です。過剰な皮脂は毛穴を詰まりやすくしてしまい、炎症を起こすことも。グリチルリチン酸、カシュウなどが適しています。

 

育毛剤の効果を引き出すおすすめの使用方法

育毛剤の効果をより引き出すためには、含まれている有効成分や作用を正しく理解し、使用しなければいけません。使用する前に取扱説明書をしっかり読み、メーカーの指示する用法・用量を守りましょう。

育毛剤をつけるのに適しているタイミングは、入浴後です。特にシャンプーで丁寧に洗髪し、頭皮の汚れをきれいに取り去ったあとが最適でしょう。洗髪により頭皮の毛穴が開いていると、育毛剤が浸透しやすい状況になります。

さらに、入浴により身体が温まり、頭皮の血行が促進していることも、育毛剤の効果がより期待できる状況と言えます。

また、入浴後に育毛剤をつけるときは髪をしっかりと乾燥させてからにしましょう。

髪が濡れていると、有効成分が水で薄まり、頭皮に届きにくくなります。したがって、育毛剤の効果が薄まってしまうこともあるでしょう。自然乾燥ではなくドライヤーを使い、髪の毛や頭皮の隅々までしっかり乾燥させた状態で、育毛剤を使用することをおすすめします。

 

育毛剤に副作用はあるの?

育毛剤は、医薬部外品ですので、医薬品の発毛剤と比べ、有効成分の含有量が少なく、身体への作用も緩やかなのが特徴です。そのため、比較的安心して使える製品であると言えます。

しかし、重篤な問題はなくても、身体の変化を全く起こさないわけではありません。例えば敏感肌などで肌が弱い人は、頭皮にかゆみや炎症を起こしてしまうことも。

医薬部外品であっても肌につける限り、刺激を感じてしまう可能性はあるのです。もし何らかの頭皮トラブルが生じた場合は、直ぐに使用を中止してください。肌の弱い人は、事前に二の腕など目立たない場所でパッチテストを行ってから使用するのもよいでしょう。

 

まとめ

今回は、育毛剤の特徴や選び方、効果的な使い方などをお伝えしました。男性も女性も、自分の頭皮や薄毛の状態に合った有効成分が含まれた育毛剤を、毎日のヘアケアに取り入れてみるとよいでしょう。

とは言え、薄毛対策には生活習慣も大きく関係しています。育毛剤に頼るだけではなく、毎日の生活習慣を見直し、頭皮の環境を良好に保つことも大切です。

この記事の監修専門家
エステティシャン、スキンケアマイスター、毛髪診断士、サロンオーナー
山口 史恵
KEYWORD