女性の髪の悩み

産後の抜け毛のピークはいつ頃?原因と対策方法は?

女性が気になる髪の毛・頭皮トラブル

無事に出産も終わりホッとしたのもつかの間、女性の身体は産後にも大きな変化が起こります。その一つとして抜け毛や薄毛があります。では、産後の抜け毛や薄毛とはどのようなものなのでしょうか?

 

産後の抜け毛のピーク時期と原因

髪の毛の悩みはデリケートなもので、人に相談できずに悩んでいる人も多いようです。実は妊産婦の半数に、抜け毛や薄毛の症状が見られるようです。産後の抜け毛は、一般的に分娩脱毛症や産後脱毛症などともよばれ、決して珍しいものではないため、「もしかして自分だけ?」と思い悩む必要はありません。

 

産後の抜け毛期間はどれくらい?ピークはいつ?

産後の抜け毛は、出産直後から2か月目くらいに症状が出始めます。洗髪中に髪の毛がごっそり手に絡みついたり、朝起きたら枕に髪の毛がたくさん落ちていたりと、目に付くたびに不安に感じる人も多いはずです。実は妊娠初期から、頭髪だけではなく、気づかないうちに唇の上、あご、ほほ、手足、背中の毛も増えているのです。産後に増えた毛が抜け落ちたときに、初めて気がついてびっくりする人が多いのです。脱毛は産後半年から1年程で自然と治まっていき、新しい毛も生えてくるので、焦らず気持ちにゆとりをもって経過を見るようにしましょう。

 

産後の抜け毛の原因

産後の抜け毛は、女性ホルモンのバランスが大きく関係しています。妊娠中は毛髪の発達や成長を維持してくれるエストロゲンが、通常よりも多く分泌されているため、本来の成長サイクルでは抜け落ちてしまうはずの毛髪がそのまま成長し続けてしまうのです。また、妊娠中は胎児に優先的に栄養を送るため、母体の頭髪は栄養が足りず、ハリ・コシが失われた状態になっています。

そして出産が終わると、エストロゲンの分泌量が減るので、伸び続けていた髪の毛の多くが抜け落ちてしまうのです。それに加え、新生児の夜泣きによる寝不足や生活リズムの崩れ、育児ストレスなどが重なると、髪の毛の成長に影響することもあります。髪の毛が細くなる、うねりが出るなどの変化も抜け毛と同じ原因で起こっているので、抜け毛対策と同じ方法で改善することができます。

 

産後の抜け毛の対策~生活習慣~

産後の抜け毛対策は、自分で改善できる範囲のことを、気長にやっていくことが大切です。生活習慣の改善や、ストレスになる原因をできるだけ減らすなど、育児の合間に無理のない程度に、自分に合った対策を取り入れていきましょう。

 

身体を休める時間を確保する

産後は数時間おきの授乳や夜泣きなど不規則な生活になるため、毛髪の成長を滞らせ、抜け毛を加速させている可能性もあります。しかし、生活リズムを整えることは難しい時期なので、極力身体を休められるようにパートナーや身近な人に協力をお願いしたり、母乳外来や産後ケアのホットラインなどの利用を検討したりしてみましょう。一人で何とかしようとせずに、周囲の協力を得ながら体調を整える方向で改善を図りましょう。

 

ストレスを増やさない

産後はさまざまなストレスが、あなたを悩ませてしまうかもしれません。強いストレスを受けると、自律神経が乱れて体調を崩しやすくなってしまいます。また、抜け毛を気にしすぎて、かえって悪化してしまうケースもあります。抜け毛といっても、一度増えたものが抜けているだけなので、気にする必要はありません。音楽を聞いたり、空いた時間でゆったりとお茶をしたりなど、自分なりのストレス発散方法を見つけて、ストレスを溜め込まないようにするのが大切です。

 

バランスの取れた食事を心がける

髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質なので、魚や大豆製品を積極的に摂るようにすると良いでしょう。カルシウムなどのミネラルやビタミン類は育毛するだけでなく、血行を促進させ頭皮の血流を良くしてくれます。産後にバランスの良い食事を摂るのが難しい場合は、サプリメントなどを活用しつつ、できる範囲で栄養バランスを整えていきましょう。

 

産後の抜け毛の対策~シャンプー選び・方法~

産後特有の原因で抜け毛が起きても、いずれ新たな毛が生えてきて元通りになります。シャンプー選びや洗髪方法などの頭皮ケアで育毛をサポートすれば、より良い発毛環境を整えることができます。

 

シャンプー選びのポイントとは

頭皮を綺麗に洗いたいからと洗浄力の強すぎるシャンプーを使うと、皮脂を取り過ぎてしまうため、逆に頭皮にダメージを与えてしまいます。また産後は今までとは違い、敏感肌になっている場合もあるので、これまで使っていたシャンプーが合わなくなることもあります。頭皮に合わないシャンプーはかゆみやフケだけでなく、湿疹の原因になる場合もあるため、何か異変を感じたら、低刺激で髪にもやさしいアミノ酸系シャンプーを選ぶなど、そのときの自分に合ったシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

正しいシャンプー方法

抜け毛を抑えるためにシャンプーを控えてしまうと、清潔な頭皮を保てなくなり逆効果です。健康な髪を生やすために正しい洗髪方法で頭皮状態を良くするのも大切です。

まずは、ブラッシングで髪の毛の汚れや整髪剤を浮き上がらせ、予洗いで髪の毛を十分に濡らしましょう。その後に、両手でよく泡立てたシャンプーを乗せ、指の腹を使ってマッサージするように頭皮を洗います。髪の毛は泡で包み込むようにもみこみ、すすぎは頭皮に泡が残らないように、しっかり洗い流してください。汚れが気になる場合は二度洗いもおすすめです。ただ、髪は摩擦に弱いのでゴシゴ洗ったり拭いたりしないようにしてください。

濡れたままだと髪の毛が傷んだり臭いの原因にもなったりするので、タオルでやさしく水分をふき取ってからしっかりと乾かしましょう。

 

まとめ

産後の抜け毛は一時的なものです。ストレスを感じない程度に抜け毛対策を取り入れ、日々の体調回復に努めるようにしてください。

この記事の監修ドクター
吉井クリニック 院長
吉井 友季子
KEYWORD