育毛の基礎知識

ミノキシジルってどのような成分?AGAによる薄毛・脱毛に効果的な理由と副作用

成分と効果

現在は薄毛治療に使われるミノキシジルですが、もともとは高血圧の薬として使われていた成分でした。その際の副作用として現れたのが、体の毛が濃くなる多毛症の症状。そこから研究が始まり、今ではAGAの薄毛治療に応用されるようになったのです。この記事ではミノキシジルがどのように薄毛治療に使われるかについて説明していきます。

AGA治療の医薬品として認められているミノキシジル

市販の育毛剤は医薬部外品に分類されています。これらは医薬品ではないため、発毛効果のある成分が入っていることはありません。一方、AGA治療に使われるミノキシジルの外用薬は医薬品として分類されています。実際にどのように使えば効果があるのでしょうか。内服薬のミノキシジルタブレットについても合わせて見ていきましょう。

頭皮の毛細血管に作用して血行促進

元々ミノキシジルは血圧を下げるための薬として開発されていたので、血管拡張作用があります。内服薬と外用薬があるので、それぞれについて解説していきます。

内服薬
有効成分が血液から毛細血管をめぐり、髪の毛を作るもととなる毛母細胞へと栄養を行き渡らせ、細胞分裂を促したり、活性化させる働きがあります。その結果、乱れたヘアサイクルを正常に戻して発毛を促進させることにつながります。

外用薬
直接頭皮へつける液体タイプです。有効成分が皮膚から浸透して毛乳頭へと行き渡り、それによって発毛効果が期待できます。

育毛剤にはない発毛効果がある

ミノキシジルには、新陳代謝を促進させて頭皮の隅々まで栄養分を行き渡らせ、ヘアサイクルを正常に戻すという効果があります。この結果、発毛効果が期待できるのです。

一般的には男性用の薄毛治療薬(AGA治療薬)として使われる成分ですが、FAGA(女性型脱毛症)にも効果があることがわかり、女性用も開発・利用されるようになりました。

女性用の外用薬は、男性用と比べてミノキシジルが少なめに配合されています。その理由は、女性は男性よりも少ない量で効果があるとされていることや、体毛が濃くなる副作用が現れやすいことです。そのため、女性は必ず女性用、男性は男性用と区別して使うようにしましょう。

ミノキシジルの外用薬を正しく使う方法

ミノキシジルが配合されている外用薬は、朝晩2回使うのが望ましいといわれています。朝は髪を濡らしたり洗ったりせず、乾いた髪へとそのまま塗布しても構いません。しかし、夜は髪や頭皮の毛穴に汚れが付着している場合が多く、それらによって浸透が悪くなってしまう可能性があります。入浴やシャワーの後、もしくは髪を洗ってから使うようにしましょう。さらに濡れたままでは効果が薄まるため、髪と頭皮はしっかりとドライヤーなどで乾かしてから塗布することが重要です。

ミノキシジルの副作用について

ミノキシジルを使うと、副作用が起こる可能性があります。どのようなものがあるのか、以下で解説していきます。

初期脱毛

ミノキシジル配合の外用薬を使い始めた後、しばらくすると一時的に普段よりも多くの髪が抜けてしまうことがあります。薄毛が気になっている人なら、とても心配に感じるでしょう。しかし、ここで抜けるのは成長期・退行期・休止期のヘアサイクルが乱れたことで、成長期が短くなり十分に成長しきれなかった細くて弱い毛です。

薬の効果によってヘアサイクルが整っていくにつれ、成長期が正常の期間に戻っていきます。古い毛が抜け落ちたあと、新たに健康な毛が生えてくるので心配はいりません。

外用薬でみられる症状

可能性としては低いものの、外用薬で現れることが多い副作用として挙げられるのは頭皮のかゆみです。症状が現れたらすぐに使用を中止し、専門の医師に相談しましょう。

内服薬でみられる症状

頭痛や動悸、めまい、体毛が濃くなることが副作用として起こる可能性があります。そのほか、まれですが手足のしびれやむくみ、痛みなどの症状も報告されています。

使用量を無視したり、回数を増やしたりするなど、用法を無視した使用によって副作用の可能性は高まります。ミノキシジルは1日1mgの使用で十分効果が期待できるとされているので、勝手な判断で使用量や回数を増やさず、医師に相談しながら正しく服用しましょう。

内服薬のミノキシジルタブレットは安全か?

内服薬は、頭皮に塗布する外用薬と比べて発毛効果が高いとされています。しかし、あくまでも厚生労働省により医薬品として正式に認可されているのは外用薬のみなので、その使用には十分注意が必要です。そもそもミノキシジルタブレットなどの内服薬は、国内において臨床的にまだ有用性が確認されていません。ですから、その服用については自己責任となっています。

また、ミノキシジルタブレットを処方しているクリニックなどがありますが、外用薬に比べて内服薬のほうが副作用が出やすいといわれています。もし服用する場合は、あらかじめミノキシジルタブレットの副作用を知っておきましょう。

ミノキシジルは元々高血圧の治療に血圧を下げるために開発されたため、内服すると血圧低下や動悸、不整脈などが現れることがあります。髪の毛に限らず全身の毛が濃くなる多毛の症状が出ることもあるので、注意が必要です。そのほかにもわずかですが、吐き気、腹痛などの症状が報告されています。

内服薬の場合は、これらの副作用によるリスクを踏まえて服用しましょう。必ず専門の医師の指導のもとで、診断を受けてから判断してもらい、処方してもらうことが重要です。

通販による個人輸入で購入する場合は、コピー品に注意

最近ではインターネットを中心に海外製のミノキシジルの薄毛治療薬が手に入るようになりましたが、なかには偽造品や有害な成分が入った粗悪品なども出回っています。また、有効成分の量が少ない場合や、入っていない場合もあるので安易に使用しないでください。それでも個人輸入で購入する場合には、リスクがとても大きいということを踏まえ、万が一副作用が出てしまってもあくまで自己責任になることを忘れないようにしましょう。

これらのことから、専門の医師に処方してもらうのがやはり安全です。ミノキシジル配合の外用薬であれば、薬剤師がいる薬局薬店で購入できるので、検討してみましょう。

しっかりと薄毛改善に取り組むなら病院で処方してもらう

本気で薄毛改善に取り組むなら、AGA治療に取り組む専門の病院を訪れて医師に相談することをおすすめします。医師の診断の上で、自分に合った治療薬を処方してもらうのが効果実感への一番の近道と言えます。

まとめ

ミノキシジルの外用薬はAGA治療薬として、すでにメジャーな存在ですが、ミノキシジルタブレットなどの内服薬については、無認可なうえに副作用も現れやすいことにも注意しなくてはいけません。専門の医師の指示に従って、用法や用量を正しく守りながら服用しましょう。

この記事の監修ドクター
ドーズ美容外科 佐賀院 院長
田崎 公
KEYWORD